中2の時から松岡修造さんのファン。
彼のサイン色紙をリビングに飾っている
スタッフのヤナセです(照

私がテニスをよく知らなくて馴染めないでいた頃、
テニスソックスのあの微妙~な長さに違和感を持っていました。
なんとも歯がゆい残念な感じ。
でも今は何故かその違和感を乗り越えて、全く気になりません。

どうしてでしょうか。
恋は盲目?
朱に交われば赤くなる?
住めば都?
この感じのどれかでしょうか。

いや多分、私のそれが”慣れ”に変わった転換ポイントは、
間違いなく、彼らでしょう!

・・・というわけで今回は、
わたくしヤナセ推しの
イケメン選手TOP3を紹介します!

\ミスターお洒落/

ロレンツォ・ムゼッティ(Lorenzo Musetti)

(イタリア・185cm)


トスカーナ州出身の20歳です!

初めて彼を観た瞬間、
めっちゃお洒落!いい子が出てきたー!!!と、
佇(たたず)まいから漂うハイセンスに一目で魅了されてしまいました。
ヘアスタイルから察するに、おそらく私服もイケてます。
納得の第3位です。

次にダダーン、僅差で第2位!

\センターコートのディカプリオ/

テイラー・フリッツ(Taylor Harry Fritz)

(アメリカ・193cm)


カリフォルニア州出身の24歳です!

初めて観た時に、「えっ…ディカプリオ? レオさまが何故ここに?」と
2度見どころか10度は見ました。
それでも、しっかり観たら、やっぱり、ちゃんと、
”フリッツ”でした笑

いるんですね、スポーツ界にもこんなイケメンが!
スポーツもできて、顔もカッコいいって、ホント羨ましい。
試合の度に彼の関係者席にいるモデルの恋人。
美男美女とはまさに、このカップルのための言葉でしょう。
美しい第2位です。

最後にジャジャーン、堂々の第1位!

\THE”テニスの王子様”/

アレクサンダー・ズベレフ
(Alexander “”Sascha”” Zverev)

(ドイツ・198cm)


ハンブルク出身の24歳です!

昨年の東京五輪では、準決勝で王者ジョコビッチを制しリアル下克上。

試合後の”成し遂げた者にしか流せない涙”に、こちらももらい泣きしました。

 

その感動の日から間もなくして、彼は見事オリンピックチャンピオンの座に。
金メダルを手にした表彰台での雄姿は、世界で最も輝いていました。
眩しさあふれる第1位です。

今回のイケメンTOP3、いかがでしたか。
3人に絞るのはほぼ不可能というくらい、
ハイレベルな戦いとなりました。

本当はもっと紹介したい推しのイケメン選手がたくさんいます。
いつか必ず発表したいので、そのときはまた見てください!!!
そして、皆さんの推しの選手もこっそりコメント欄で教えてください!
一緒に、”推しメン談義”しましょう笑

これからのグランドスラムやATPが楽しみですね。
ヤナセのイケメンウォッチは今年も続きます!

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。